“見ることを学び直す”―ウェバーさんの目のレッスン

 

 全米ベストセラー『脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線』で詳しく紹介されたデイヴィッド・ウェバーさんは、43歳で失明、盲目に。

 絶望の淵にあったとき、フェルデンクライス・メソッドに出会い、やがて視覚を取り戻して、のちにフェルデンクライス教師となりました。

 そしてフェルデンクライス・メソッドで脳を活性化し再教育して視覚を改善する「目のレッスン」を作り、世界各国でワークショップを行ないました。

  

 今回は、そのウェバーさんが世界的に行なった3日間のワークショップ (全7レッスン)と、フェルデンクライス博士のオリジナルのレッスンをご紹介します。(毎回2レッスンずつ)

  ※期間限定のオンライン(Youtube)レッスンはこちら

 

      ★ウェバーさんと目のレッスンのこと

  

 しかも、最終日の後半(8レッスン目)には、その元になったフェルデンクライス博士のオリジナルの、目のレッスンを行ないます!

 まだ盲目状態であったウェバーさんは、この博士による「目のレッスン」 を受けたとき、「回復への鍵を手にしてとても満足し、この治癒方法は間違いないと確信した」そうです。

  

---------------------------------------------------------------            

 視覚は、それを通して私たちが世界を経験する主要な感覚の1つです。

しかし、私たちの視覚の質と明瞭さは、知らないうちに、弱まり低下することがあります。

近年は、スマホ・PCなどを至近距離で見続けるため、私たちの目はさらに過酷な状況に置かれ、酷使されています。

 

このワークショップでは、目を緩めること、楽で努力の要らない見方、よりはっきりと見ることを学びます。

 

視覚の向上は、体を回す・曲げる・歩くといった、動きにも影響を与えます。

視覚の鋭敏さが向上することで、視覚の助けになるだけでなく、あなたの柔軟さ、整合性、そしてバランスも同様に向上することが分かるでしょう。

 

私たちは生まれながらに“見ること”ができたわけではありません。

赤ちゃんのころ、環境との関わりの中で、学んで獲得したのです。

ウェバーさんが“見ること”を学び直したように、私たちもフェルデンクライスのレッスンで“見ること”を学び直すことで、視覚の改善だけでなく、体全体や呼吸にも良い影響が期待できます。

 

  

<このワークショップで学ぶこと>


目を動かす筋肉の緊張を下げ、リラックスした目がどんなものかを感じること

  ※目は神経システム全体の鍵。目が緩むと、神経システム全体がリラックスする。

 

ソフトアイ(柔らかい目)によって、視野が広がり、呼吸も楽になること 

          

あらゆる方向への流れるような目の動きを維持し、視野の中に盲点をつくり出す不要な頑張りを手放すこと

     

視覚が改善すると、体の柔軟さ、整合性、バランスも向上すること

 ---------------------------------------------------------------  

  

 【内容】 ウェバーさん(7レッスン)とフェルデンクライス博士の1レッスン

・レッスン 「自分の目と自分自身」

・レッスン 「目をリラックスさせる」

・レッスン 「見るために呼吸する」

・レッスン 「楽に見る」

・レッスン 「ねらいを高める」

・レッスン 「深く見る」

レッスン 「視覚を統合する」

レッスン フェルデンクライス博士の元のレッスン

 

     ★ウェバーさんと目のレッスンのこと