2013年

1月

15日

『奥の細道』英訳とフェルデンクライスのレッスン

日本文学者ドナルド・キーンさんの言葉に、なるほどと思ったこと。

 

17文字の俳句を、詩的なまま英語に翻訳するのは非常に困難。

日本人なら知っている風物や古典の知識を英語の読者は知らない。

英語では必須の主語が、省略されることも多い。

それを英語の読者ができるだけ分かりやすいように訳したら、

説明的で散文的になってしまう。もはや詩的ではない。

 

もう4回も取り組んだ『奥の細道』の英語翻訳、

とくに最初のはあまりにも説明的過ぎ、ひどかったそうで、

「幸い活字にならず誰にも見られずに済みました」と笑っておられました。

 

   夏草や兵どもが夢の跡

 

省略され、凝縮された17文字には広大な風景が広がっています。

日本人は、それを補って想像することができます。

 

ひるがえって、言葉で案内するフェルデンクライスのATM。

私のレッスンも、参加者ができるだけ分かりやすいようにと、

つい説明が過ぎてしまいます。

私自身が、“分からない”状態は居心地が悪いから。

 

それでは参加者が想像する余地がなくなる。

散文的になってしまうのですね。