心地よい動きで脳の配線をつなぎ直す

指導者のための フェルデンクライス

     神戸新聞文化センター公開講座(1dayレッスン)】

 

 

イチロー選手の非常に高いパフォーマンスのカギは、

筋力アップではなく、その磨かれた身体感覚にあります。

 

生徒さんへの指導効果や自身のパフォーマンスを高めるためには、まず指導者自らの身体感覚を高めていく必要があります。

 

できなかったことができるようになる、動きが良くなる、うまくなるというのは、すべて脳の学習の結果。

心地よい動きを通して、脳が楽で効率の良い動き方を選択できるようになると、動きの可能性や表現の幅が広がっていきます。

また、より体を痛めにくい体の使い方ができるようにもなります。

 

フェルデンクライス博士は

自分が何をしているかが分かれば、自分が望むものを得られる

と言いました。

自分が何をしているかを知るためには

まず「自分自身を感じられる」必要があります。それが身体感覚

 

 

どうすれば、生徒さんが、より良く学習できるのか?

どうすれば、より自分自身をよく感じられるのか?

それにはコツがあります。

 

欧米ではリハビリの専門家だけでなく、プロのダンサーや音楽家、スポーツ選手、俳優などもパフォーマンスを高めるために活用している、フェルデンクライス・メソッド。

「学びの民」といわれるユダヤ人のフェルデンクライス博士のつくったメソッドには、より良く学ぶコツが満載です。

       ※ノーベル賞受賞者のうち、ユダヤ人が占める割合は22%とも。

 

この講座では、人気の高い  自分を感じるレッスン”  目の使い方” 呼吸のレッスン”   声のレッスン” を通して、そのコツをお伝えしていきます。

 

 

<内容>

 “自分を感じるレッスン” 

 “目のレッス  

 “呼吸のレッスン”  

 “声のレッスン

 

 

■日時  6/10(日)10:00~16:00

           

 ■会場   新長田KCC教室 (TEL:078-611- 1118)

        JR新長田駅南徒歩7分、アスタくにづか4番館3階

        ※地図 http://k-cc.jp/Content/Class

 

■受講料  12,000円  (入会金・KCC会費不要)

 

■お申込み・お問合せ 

      神戸新聞文化センター 新長田KCC教室 

                       TEL:078-611-1118 または

        http://k-cc.jp/Event/Detail/03/20680

    

   

★神戸新聞に掲載されました。

       ↓

4月17日付 神戸新聞.pdf
PDFファイル 4.7 MB
4月18日付 神戸新聞.pdf
PDFファイル 331.5 KB

 

 

★こちらからチラシをダウンロードできます。

          ↓

分かりやすい大きな地図入り
指導者のためのフェルデンクライス・メソッド.pdf
PDFファイル 846.3 KB