2012年

1月

26日

人生をサーフィンするように乗りきっていく

フェルデンクライスの指導者養成コースで。ある先生が授業中に言った言葉を、忘れないようにノートに書き留めていました。

 「人生をサーフィンするように乗りきっていく」

人生において、困難と闘うのではなく、サーファーが波に乗るように、乗りきっていく。そんな意味で言われたように記憶しています。

先生はユダヤ人で70代半ば。イスラエルで軍隊にいたこともあるそうです。大変な時代を生き抜いてきた人だから、その言葉に何か深いものを感じます。

   

サーフィンといえば、もう10年以上も前に見た映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)第四番」のなかの、あるサーファーのことがずっと心に残っていました。 

 サーファーの神様と言われる、ジェリー・ロペス。

「自分の体が持っているプラグを波に差し込んで、自然から生命エネルギーを自分の体に注ぎこむんだ」

小柄な彼が、温和な笑顔を浮かべて、穏やかにそう言うのが印象的でした。

「私はいつも、海の力の一部になりたいと願っています。大自然の力は決して対抗できるものではない。唯一の許される道は、ともに歩むことです。対抗しようとすれば必ず悲惨な結果になる。ともに歩む・・・そうすればどこかに道が開ける」

 

フェルデンクライスの先生と、サーファーの神様の言葉が、響き合います。