受講者の感想

<「声のための体の使い方」の感想>その1----------------

 

 歌うことが好きで合唱団に入っているが、声が出にくい。気張るばかりで響きがない。今までに発声の個人レッスンを受けたりもしたが、はかばかしくない。また、常日頃、レストランで係の人を読んだりしても声が届かず、気づいてもらえないこともよくある。

 そんなある日、フェルデンクライスの講座案内のチラシと出合った。過去に興味を持ったこともあるフェルデンクライス。しかも発声の講座とは!それでただちに受講を決めた。

 不思議ですねぇ。体の一部分を小さくゆっくり動かすだけなのに、体全体がほぐれてしまう。床に寝たときに肩甲骨や腰骨がゴツゴツと床に当たる感じだったのが、レッスンの終わりには、体の裏側全体が床に沿う感じになった。立って首を前後左右に動かす動作が、初めより軽くスムーズに遠くまで行くようになり、また動作そのものの密度が濃くなる感覚もある。伏し目だった目線も、まっすぐ正面に上がった。

 文章を音読すると、最初はいろいろ意識して「良い声を出そう」と努力していたのが、レッスン後は何も考えずに文章が読めるようになり、体全体に響く感じに変化。自分では分からないが、先生によれば「前よりも声の響きが増している」とのこと。

 まだ始めたばかりなので、実際に歌うときにどう効果が現れるのか、これからが楽しみだ。

 また、ふだん緊張する場面に臨むとき、レッスンで教えてもらった小さな動作を繰り返すと、緊張が少なくなってしまう。これは予期せぬプレゼント。

 とにかく、効果を上げようと頑張らなくても、指示されたことをラク~に行うだけで体が変化してしまう。これがフェルデンクライスのポイントかと思う。

     

              

 

<感想>その2----------------------------

 

 声の講座の良い点は、ポイントがハッキリしていて知りたいツボにすっぽり入ることです。そして、あくる日から早速生かせます。特に目と顎の関連、舌と唾の関連などのテーマが良かった。しかもこれらは心と体とも繋がっていることが実感出来るからいいです

 

 

 

<感想>その3----------------------------

 

  前回の講座で教えてもらった「目の使い方」を、先日あった発表会で実践してみたら、舞台でも上がらずリラックスして演奏できたので、とてもうれしかった。
  これから先も実践できれば、舞台に限らず、人との対話など、冷静に対応できそうな気がする。

 ------------------------------------------------------------