受講者の声

受講者の個人的な感想を、ご本人の承諾を得て掲載しています。

       ※効果には個人差・時間差があり、同じ効果を保証するものではありません。

  

<体験レッスンで> 

        

----------------------------------------------------------------------------------------

すっきりしました!
すっかりストレッチ系のものと勘違いして行ったのですが、全く違いました。
全く新しい未知の体のほぐし方というか。帰宅後、少し昼寝をして超すっきりです!体が軽くなった感じ。
あんなにゆっくりした体の動きだけなのに、体が超ほぐれた感があるのが不思議ですね。視界が広がって視力が良くなった感じ。ものがくっきり見える気がします。そして頭もクリアになった感じ。あのあとすごくお腹がすきました。激しい運動をした訳でもないのに、腸もぐるぐる動くし、ダイエットにもなるかも。今日は深い眠りが訪れそうです。
また行きたい。  

----------------------------------------------------------------------------------------

※この方は普段、肩こりがひどいそうです。今回の体験レッスンでは、足・脚のことを丁寧にやっただけですが、レッスン後には、「すっごく腕が脱力して長~い腕になった感じ。ジブリの『天空の城ラピュタ』に出てくるロボットのイメージ」とのことでした。 

 

 

<ワークショップで>

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 ワークショップでやった膝を倒す動きを、昨夜、少しやってみました。それで気づいた事があります。 

私は右が得意で、左が苦手なのですが、 左をゆっくり やってみて「今、背骨のココまで ねじれが伝わってる」と感じられたのです。
それを感じたら、そこから「あ、首に伝わっていく、頭に伝わっていく」のが、感じられました。
頭を動かそう としてる のでなく、結果的に頭が動く感じ。
右は得意な分、そのプロセスが速すぎて、あまりわかってなかったんだ。
 苦手な左が、プロセスをゆっくり味わわせてくれている。そんな感じが、しました。
 そして、「(職場の)みんなが、のびのび、キラキラするのが私の願い」と書きましたが、「『私』がキラッとする」のを許していいんだ、と思いました。
「みんながキラッとできるようにしなきゃいけない」とか「自分だけキラッとするなんて駄目」とか、思ってたけど、私が先になってしまえばいい。そしたら、伝わっていく のかも。今は、そう思っています。ちょっと気がラクになりました。
----------------------------------------------------------------------------------------

※レッスンの「動き」は、あくまでも「目的」ではなく、「手段」。ですから、動きがうまくできることよりも、その動きを通じて、自分がどうしているかに気づくことにこそ、レッスンの意味があります。だから、フェルデンクライスの(グループ)レッスンの名前は、"Awareness Through Movement(動きを通した気づき)"なのです。

 そして、体の気づきは、それだけに終わらず、心(考え方のくせ)の気づきにもつながります。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------
その日の夜はかなり熟睡できたみたいでした。
それまでも特に睡眠時間が短いわけではありませんでしたが、
次の日朝起きた時に、久々にゆったり眠った気がしました。
全身の力も抜けていて全体的に楽でした。
次の日の月曜は仕事で座ってパソコンをしていて、
午前が終わった頃には、太ももに力が入っているのを感じました。
前日のレッスン直後に立っている時に、
太ももに力が入っていないということに気づいて驚いたのですが、
次の日に早速いつもの癖に戻ろうとしていたみたいでした。。
いつも肩や首に力が入っているのは意識していましたが、
太ももに常に力が入っていたのはあのレッスンで初めて気付きました。
フェルデンクライス博士の 
自分が何をしているかが分かれば、望むものを得られる
という言葉は、感動的ですね。。
「意図達成に関係のない体のある部分を余分に緊張させている」
ということも、自分で気づいていないだけにどうしようもないですが、
いろいろな部分で多分そうなんだろうなと思えます。
それに気づけば手放せるということなんですね。
お腹に続いて太ももまで、手放せる箇所が増えてきました。
----------------------------------------------------------------------------------------
※自分が何をしているかに気づくこと。そのためのレッスンの「動き」なのです。ご自分がやっていることにご自分で気づいて「手放せる箇所が増えてきた」と思えることが、すばらしいと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------
うまく表現ができませんが
「道順はひとつではないということ。」
 
体をフリーにしてやること。
脳にまかせること。
まかせられる道順を、脳が知ることが、フェ ルデンクライスの中のひとつ?
 
それが、ひと月少しかけて今たどり着いている場所です。
 
教室にお持ちいただいていた骨格標本に触れて
今まで何気なくみていた骨や筋肉の図を
自分の体の中にいれたイメージで、みてみました。
受講後 一週間くらい、かなり興味深くみたと思います。
 
肩甲骨の形や場所 骨盤 尾骨 股関節 など
自分の中にどうあるか、おおよそつかめているような中、
背骨はよくわからなかったのですが
(あるのはわかっていても ある感覚がしない)
今日はしております。
 
一昨日、ある大会で萩往還道を11時間かけて往復してきました。
昨日は思考停止で困りましたが、今朝は脳がクリアなようです。
 
肩甲骨が肋骨をすべる感覚も、とてもよくわかります。
初めて背骨があると思えます。
 
朝からそのように思いながら、体を動かしています。
----------------------------------------------------------------------------------------
※ランニングをなさっている方で、ワークショップの1か月後に、この感想を送ってくださいました。

<その他の感想>

                                                              

胸が上がった感じ。無理しなくても背中が伸びた感じ。

   腰の痛いのがましになった。

  

軽く少し動かしただけで、こんなに体がぺったり床につくなんて!

          (↑体の不要な緊張がとれた状態)

 立ったとき肩の左右差がなくなった。

 いつもは少し前かがみだけど、堂々と立っている感じ。

 

 最初立ったとき足裏にかかる重心に左右差があったが、

  左右均等になった(←バランス良く立っている状態)

  

終わって立ったとき、重心が下がった。

    丹田のあたりに重心を感じた。

 

最近何となく気分が晴れなかったが、不思議と気持ちがすっきりした。

 

帰りの道を歩いて、いつもより股関節の伸展が軽く、大きく出たことに気が付いた。
また、骨盤の回旋と共に、腰椎が連動しているのを感じた!

   (理学療法士)

 

最近、探し物をしても、どこに置いたかすぐに思い出せるようになった。         

    (↑数回ATMを受けた人の感想)

 

 ● 頭のモヤモヤした感じがとれた。

 

  ● レッスン後、ピアノが自分の思い通りのテンポで弾けた!

       音がきれいになった。(ピアニスト)

 

  ● 20年前に捻挫して以来、右足で正座ができなかったのが、

    できるようになった。  今までは夜寝るときも、

  背中が痛いなどの症状があったのが、なくなった。

 

  ●今日は 練習をしていないのに、とてもいい感じで吹ける。

 呼吸のとき、体に力みながい。(フルート奏者)

 

 

 ※効果には個人差があり、同じ効果を保証するものではありません。