フェルデンクライス、柔道の創始者・嘉納治五郎と出会う

モーシェ・フェルデンクライス青年はパリの大学で学んでいた28歳の頃、人から「日本の文部大臣の嘉納教授が、パリで柔道の実演をするそうですよ。フランス駐在の日本大使も出席するそうです」と聞いた。嘉納治五郎のことも柔道のことも知らなかったが、柔術に関係する実演があると理解し、見に行きたいと思った(パリに来る前、16歳の頃から、フェルデンクライスはパレスチナで柔術を実地に研究し、自己防衛に関する本も出版していたのだ)。

 

ところが実際に行ってみると、警備員が警備していて招待状を持った人しか会場に入れず、当然フェルデンクライスは入ることができなかった。どうしてよいか分からなかったが、家に帰り、自分がヘブライ語で書いた自己防衛についての絵入りの本を取って、会場の扉に戻った。そして自分の名刺に「私が柔術Jujitsuに興味を持っており学んだことがお分かりになると思います。私は、柔道が何であり、どのようになされるか見ることに関心があります。私が柔道の実演を見られるように取り計らって下さませんか」とフランス語で書き、嘉納治五郎宛とした。それを本に添えて係員に渡し、これを嘉納に渡してくれるよう頼んだ。嘉納がそれを見るとは大して期待していなかったが、それでも、うまくいくようにと願った。

そこに立って待つこと15分―「そのとき、私の人生で驚くべきことが起きたのです」、後にフェルデンクライスはそう語った。一人の日本人紳士が出てきて、彼のために扉を開け、会場の中に入れてくれ、かなり立派な席に通してくれたのだ。フランスの大臣もそこにいた。

 

そこでフェルデンクライスが座って見たのは、とても奇妙なことだった。

嘉納はとてもちっぽけで年を取っていて顔は皴だらけ。一方、彼の後ろにいた日本大使は、日本人としては並外れて背が180cmもある大男なのに、ちっぽけな嘉納のことをまるで神のように扱ったのだ。

やがて屈強な二人の男が入ってきて演武が始まった(後にフェルデンクライスは、この二人柔道において最高の技を持つ、並外れた人々だと知る)。しかしそのときの彼には、二人のやっていることが、まったく馬鹿げたことのように見えた。一方が倒れ、もう一方が宙に投げられ・・・それは全く何の仕事もしていない、遊びのようだった。明らかにこれは乱取りではなく、あらかじめ打ち合わせた通りに型を行なっているのだ、とフェルデンクライスは思った。それから、“ちっぽけな年寄り”の嘉納がその中に入り、若くて強靭な肉体の男たち二人のそれぞれをつかんでは、奇声を発し、単純な動きで投げ飛ばした。それを見た彼は出鱈目だと思い、「嘉納さん、あなたは偉大な達人だろうけど、私の手にかかれば10秒しか生きられないよ」と思った。そのときは本当に信じていたという。自分には、ナイフや礫を投げて戦闘をしていた実地の経験があったからだ。

 

そのまま演武会が進行し終了すると、人々は去って行った。大臣の招待で来ていた観客たちは皆タキシードや美しい装いで、一方フェルデンクライスは普通の市民。その中に混じりたくはなかったので、後でゆっくり気楽に出て行こうとその場にいた。

彼はかなり失望していた。見られてよかったが、あのショーから何か学ぶべきものがあるとは思えなかった。そして、出て行こうとしたそのとき、突然、誰かが彼のところへやって来て言った。

「失礼ですが、あなたがフェルデンクライスさんですか?」

 

そうだと答えると、「嘉納教授が、よろしければご一緒にディナーを、とあなたをご招待しています」と言う。ディナーだって?彼は信じられず、冗談だと思った。「妻が家で待っていますので」と断ったが、「とにかく、どうかここでお待ちくださいますか」と言われた。すると、人々がまだ立ち去っている中、一台の大きなロールスロイスがやってきた。嘉納が最初に乗り、日本大使がそこに立って、フェルデンクライスが車に乗り込む助けをしてくれた。

フェルデンクライスは嘉納教授と日本大使の間に座ることになったが、まるで熱い炭の上に座っているかのように感じたのだった。

 

 

田舎からパリにやってきた若者であるフェルデンクライスにとっては、突然の状況に、何を言ったらいいのか、どうしてよいかも分からなかった。彼が連れて行かれたのは、パリで高い地位の日本人が皆行く高級ホテルだった。ホテルに到着すると、また日本大使が彼のために車のドアを開けてくれた。

 

     (つづく)

 

-----------------------------------------------------------------------

 

以上は、次のウェブ・サイトによります。

 

INTERVIEW WITH MOSHE – The Extraordinary Story of How Moshe Feldenkrais Came to Study Judo 
by Dennis Leri, Charles Alston, Mia Segal, Robert Volberg, Frank Wildman, Anna Johnson and Jerry Karzen assisting during San Francisco training in 1977 

©1977 Dennis Leri et al. 

 

※出典 http://www.semiophysics.com/SemioPhysics_interview_with_Moshe.html